09/21~22発売Vジャンプ・ファミ通より KHシリーズ情報まとめ

基本ファミ通準拠で不足のみ昨日発売のVJから。


=KINGDOM HEARTS Birth by Sleep FINAL MIX特集=

☆『始まりへとつながる眠りの物語が再び紡がれる』
KHBbSの北米版に新たな要素を追加し、バランス調整を施した『KHBbS FM』が発売決定。
もとは北米版のため、キャラクターボイスが英語になっているほか、新たな要素も追加されている
『多彩な追加要素の一部を大公開!!』

☆『黒コートの男が旅立ちの地で3人を待つ!』
旅立ちの地には、新たに黒いコートの謎の男が出現する。二本のブレードを逆手に構え、三人を容赦なく攻め立てる。
距離の遠近に関わらず強力な技を、しかもハイスピードで繰り出す。しかも技の中にはコマンドを散らばらせるものもあり、苦戦は必至
『黒コートの人物 その素顔とは!?』
『無数の刃がテラを襲う』

☆『ステッカーをコレクション』
さまざまなワールドに散らばる王冠マークを集めると、アルバムにステッカーがコレクションされていく。それを用意されている背景に貼っていくとポイントがもらえ、アイテムと交換できる仕組み。
ステッカーは、しかるべき場所に貼らないと減点対象になってしまう。また、もらえるアイテムはメモで確認できるが、レアなコマンドもある様子。
因みに、北米版では100pt集めればよかったが、今回は140ptまで交換があるので全て適切な場所に貼る必要がある。例示ではアクアが出ているが、140ptで“リズムミキサー”というものと交換できる(北米版では100ptで秘められし原石
『王冠を集めてアルバムを完成させよう』
『ステッカーを貼ってみよう』
『楽しく貼ってポイントゲット』

☆『鎧に身を包んだ人物との邂逅』
黒コートの人物と同じく旅立ちの地に現れた鎧の人物が、テラたちの前に立ちはだかる。握るキーブレードや鎧の形状、マークはあの人物を連想させるが?
『その鎧の下に人の姿はあるのか?』

☆『D-LINKにピート……の愛車が登場!?』
遠く離れた仲間の力を借りるD-LINKでは、ピート扮するキャプテン・ダーク(二個の場合。一個の場合はキャプテン・ジャスティス)の力が借りられるようになる。フィニッシュではランブルレーシングでピートが乗り回している車が登場し、これに乗って体当たりを行う

☆『ランブルレーシングに新コース追加』
ランブルレーシングにはディズニーキャッスルを駆け抜けるコースが追加。地下には秘密基地にでも通じていそうな通路があるなど、意外な一面も見られる。
最初に通る中庭にはショートカットコースもあるため、うまく使って引き離したいところ
『地下通路を抜けて1位を目指せ!』

☆ムービーレポートより
『しかし何と言ってもいちばん驚いたのは、モンストロとのバトル映像があったこと……。モンストロって、『ピノキオ』に出てくるクジラですね。そう、かつてはソラがその内部に入って冒険したものですが、ついにバトっちゃう日が来るんですねえ』



=KINGDOM HEARTS Re:coded特集=
(※ファミ通の掲載順と一部変更しています)

☆『つながる心が笑顔の秘訣!』
発売まであと二週間を切った今作。今回は新たに2ワールドと新たなシステムなどを公開

☆『データの世界に招かれざる客』
データの世界に、なぜかピートが登場。また、ピートに続いてマレフィセントも姿を見せる。いるはずのない彼らはデータ上の住人ではないのだろうか?
スクショの中にはソラが敗れている場面も。しかもキーブレードまで破壊されてしまい?
・ピート…ことあるごとにソラや王様の邪魔をする乱暴者。過去に異空間の牢獄に閉じ込められていた。王様とは古くからの知り合い
・マレフィセント…世界中を手中に収めようとする魔女。さまざまな世界に出没して策略をめぐらせる
『ソラが敗れる!?』
【スクリーンショット集】
王様
「ピート船長!」
ピート
「こっちの世界は
 もう俺様のものだからな!」
マレフィセント
「これでこの世界は 私たちのものだよ!」
ピート
「世界を手にするのに
 使えるんじゃねえか?」

☆『砂漠の街にもバグの影響が!?』
世界の異変を調査するためにソラが訪れたのは、心優しい少年・アラジンの住むアグラバー。
ここにもバグの影響がそこかしこに出ている。また、ジャファーも、ジャスミンを捕らえ時間を止めるなどの行動を起こす。
ソラはさらわれたジャスミンを追い、ジーニーとともに魔法の洞窟へ。罠が満載の洞窟を突破し、ジャスミンを助け出そう!
・アラジン…アグラバーの町に住む青年。貧しいが清い心を持つ。ジャスミンとの身分違いの恋に悩んでいる
・ジャスミン…アグラバーの王女。自由気ままで、退屈な宮殿を抜けたところでアラジンと出会い恋に落ちる
・ジーニー…ランプの持ち主の願いを三つまで叶える魔人。現在の主はアラジンだが、ジャファーにランプを奪われてしまう
・ジャファー…アグラバーの王に仕える右大臣たが邪悪な野望を秘めた魔法使い。ジャスミンと結婚して国を乗っ取ろうとしている
・イアーゴ…ジャファーが連れているおしゃべりなオウム。知能が高く、悪知恵がよく働く
『ジャファーの魔の手がジャスミンに迫る!』
『タイガーヘッドの戦い』
『異変を解決すべく洞窟へ』
【スクリーンショット集】
ジャスミン
「ええ。でも、
 街の異変はどんどん
 ひどくなってきてるわ。」
ジャファー
「わしはランプにより、
 「特別な力」を得た!」
ソラ
「まるで、ここだけ
 時間が止まっている
 みたいだ!」
ソラ
「頼む!
 そのランプを
 返してくれ!」
ジーニー
「どんな願いも
 あっという間に
 かなえましょう!」
ジャファー
「わしの未来の妃なら
 「扉の奥」で
 眠ってもらっている。」
ジーニー
「けど、助けが
 ほしい時はエンリョなく
 呼んでくれよ!」

☆『親友リクとの望まぬ戦い』
KHの終盤の舞台となったホロウバスティオン。データ世界にはびこるバグを排除してここに辿り着いたソラは、いるはずのないピート、なぜか襲い来るリクと対決することに。
リクは、抵抗する様子を見せたり容赦なく襲いかかったりと、どこかおかしい様子を見せる。また、ムービーシーンの紹介の中ではバグまみれになった彼の姿も見られるが?
『ソラとリクの対決』
『バグに蝕まれるリクの身体』
【スクリーンショット集】
ピート(ファミ通未掲載・VJより)
「おまえたち、
 なんでそんなヤツを
 かばったんだ?」
ソラ
「いや、
 もう逃がさないぞ!」
リク
「ソラ、来るな!」
王様
「ここにはいつも 一緒に戦っている
 仲間がいるから」


☆『特殊ルールのバトルを制して進め』
Re:codedでは、ワールドごとにバトルシステムが変わったり、特別なルールが適用される。ホロウバスティオンやアグラバーでは、制限があるなかでいかにフィールドを進んでいくかが肝になる。

アグラバーでは、魔法のランプで力を増幅させたジャファーが時間を止めてしまう。ソラは街を救うため、そしてジャファーの力を奪うため、イアーゴを追いかけることに。時間を奪うジャファーの幻影には要注意?
また、魔法の洞窟では魔人化したジャファーと対決する。地面から出現するバグブロックを足場に、ランプを持ったまま飛び回るイアーゴに近付こう。ジャファーの攻撃にも注意!
『魔法のランプを取り戻せ!』
『ソラの時が止まる前にイアーゴを捕まえろ』
『ランプの力で変身!魔人ジャファー登場』
『バグブロックを足場に!』

ホロウバスティオンでは、キーブレードが使えなくなったソラの代わりに、ドナルドとグーフィーがバトルを行う。ソラは三つの指示を切り替えて進んでいくことに。
道中の仕掛けを解いたり離れたブロックを壊すには、短い時間で指示を切り替える必要がある。(因みに配信版では個別に指示を出せたが、今回はまとめての指示のみ)
指示は“バグを壊す”“エネミーを攻撃する”“ソラについてくる”。ソラのフェイスアイコンから吹き出しで表示される。また、ソラのデッキコマンドもドナルドとグーフィーの技に変化し、フィニッシュでは“エイミングレイ”という技を発動する。回転するカーソルがアイコンと重なったタイミングでボタンを押すと敵に大ダメージ。回転はどんどん加速していく。
『ドナルドとグーフィーに指示を出そう』
『住む世界は違っても 友だちの絆は存在する』
『バグブロックも壊してくれる』
『デッキコマンドが変化!』
『フィニッシュは“エイミングレイ”』
『まばゆい光が敵をつらぬく!』
【スクリーンショット集】
王様
「心配しないで。
 今度は僕が
 友達を助ける番だ。」
ドナルド
「それはきっと、僕たちが
 ソラと友達であることの
 証だよ。」


☆『合成で新コマンドを作ろう』
本作には、バトルコマンドを合成する“コマンドマトリックス”というシステムがある。組み合わせによって、新たなコマンドが生まれたり、コマンドの威力が強化される。
手順は、
1…テストコンバートでどんなコマンドができるかを確認
 ふたつのコマンドをスロットにセットすると、仮の合成が行われなにに変化するかを確認できる
2…CPを貯める
 バトルで敵を倒すとCPを獲得できる。ふたつのコマンドのCPが満タンになると『!』マークがつき、コンバート可能になる
3…実際にコンバート
 コンバートして生まれるコマンドには必ずレベルアップなどのボーナスが付き、コマンドの強化につながる。ただし素材となったコマンドは消えてしまう
また、低確率で『スペックオーバー』が発生することも。これが起こるとさらなるボーナスが付加される。スペックオーバーが何度も起こると、どんどん強力なコマンドになっていく。
例示ではサンダーブラスト(リロードスピードアップ)、ファイアブラスト(コマンドレベル+10)が紹介されている
『スペックオーバーでボーナスが追加!』

☆『新たに判明したフィニッシュコマンド』
ゲームを進めていくと、使えるフィニッシュコマンドが増える。
今回は、巨大な光の剣で攻撃するブラスティングゾーンと、光の柱を発生させるホーリーが紹介されている


☆『ワールドセレクトで世界を巡ろう』
ゲームが進むと、クリアしたワールドに戻れる“ワールドセレクト”が可能になる。戻ることで新たなシステムエリアを見つけたり、ワールドの住人が探しているアイテムを渡してごほうびを貰ったりすることができる。
また、シナリオの再挑戦やボスステージのスコアアタックにも挑戦できる
『アイテムを渡そう』


☆『すれ違ってフロアをゲット』
自分のアバターキャラを作って、いろいろな人とのすれちがい通信を楽しむアバターメニュー。すれ違った際は、アバター・プロフィール・フロアが交換できる
フロア設定では、フロアコード(大まかな雰囲気をドキドキ・グルグルなど6種類から設定。これに応じてフロアの構造が迷いやすい・高低差が激しいなどになる)、フロアトライアル(『ハートレスをたくさん倒してね!』『夜、寝る前のゲームって最高だよね』『風の力でみんな吹き上げちゃえ!』など。アバターシステムエリアをたくさんクリアするほど増える)を決める。また、今回確認できるアバターの中にはモバイルで配信されていないDFFバッツのアイテムも

☆『もらったフロアでアバターシステムエリアに挑戦しよう!』
すれちがい通信で入手したフロアは自動で積み重ねられ、アバターシステムエリアという何階層にもわたるダンジョンになる。フロアは最大で100階まで積み重ねられる。
10階ごとにSPを大幅に増やせるボスステージが設定される。また、フロアをクリアするほどアバターの称号もランクアップする
ここで獲得したSPもアイテム交換に使える。種類は非常に豊富

☆『スクラッチカード』
すれちがい通信を行うと、ひとり一枚スクラッチカードがもらえる。削って指定の柄を見つけるとコマンドやアイテムを獲得できる。
6種類の中から4つを削る。そのため、運の要素も絡んでくる

☆『ハッピー度』
アバターには“ハッピー度”が存在し、これが高まると本編の“ラック”が高まる。ラックはアイテムドロップ率などに関係する。
ハッピー度はすれちがい通信の回数やすれ違った人と相性がいいと上がる

☆『ウイルス』
アバターメニューに。ウイルスが現れることも。
ウイルスはひとつでもフロアをクリアすれば駆除できるが、敵が強化されているので注意。
感染するとハッピー度もゼロになり、上がらなくなってしまう


☆『すべてやり込んで、トロフィーを集めよう!』
BbSで導入されたトロフィーシステムは今回も登場。特定の敵の撃破、難易度関係など全部で30種類にも及ぶ。トロフィーを入手すると特別なチップも手に入る。
たくさん集めると、ファンなら必ず喜ぶスペシャルなことが起こるかも…?
『全部のトロフィーを集められるかな?』


☆カウントダウンリポートより
・フロアトライアルの内容は、カウンターを規定数成功させるなどのテクニカルなもの、夜間に攻略するなどの時間に関わるものなどさまざま
・システムエリアで交換できるアイテムの中には、全フロアトライアルを成功させないと手が届かないものもある
・ゲーム本編をクリアできるレベルでも制覇できないシステムエリアもたくさんある。ここにしか出現しない強敵もたくさんいる
・シリーズおなじみのキノコ的なあいつも登場。条件は不明だが大量のSPを落とす様子
・全種類の敵を倒すといいことがある


☆新出(というより見覚えのない)コマンドメモ
『ジャッジオブ3』
『ウインドストーム』
『バーストファイガ』
『パスートブリザガ』
『サンダーブラスト』
『サンダーバスター』
『チェイスサンダー』
『ヒートスイープ』
『ヒートダイヴ』
『ヒートストーム』



=野村哲也氏インタビュー=

☆BbS北米版の時点で追加していたものでは、黒コートの人物とのバトルが一番大きな要素。正体は明かせないが先につながるもの。
いままでのFMほど追加は多くないが、ボスは数体増やしているのでバトル面では歯ごたえがあると思う。
どのボスも特定のキャラクターじゃないと戦えないということはないので、好きなキャラで挑戦して欲しい

☆鎧を着た人物が「どういった存在かは、彼の名前を見ればわかるようになっています」。
彼はミラージュアリーナにいるので仲間と一緒に戦えるが、厳しい。野村氏自身がプレイした時は常に誰かが倒れており、回復役と囮役で戦っている感じだった。
一人でも挑戦できるので腕に自身がある人は挑戦して欲しい。彼は黒コートの男より強いが、開発内で最強と言われているのは他の追加ボス。まだ上がいる

☆そのほかの変更点としての通り。
プラウドより上の難易度であるクリティカルモードの追加
インフレ気味だったメガフレアのバランス調整
ローポリゴンモデルで表情付けをしていたソラ・リク・カイリをハイモデルにして表情豊かにした
シークレット(Blank Points)の開示条件を簡単にしてビギナーでも見れるようにした
新しいシークレットの追加
など。

☆Re:codedのすれちがい通信でシステムエリアが100階層まで組み立てられるというのは、最初は思いつきで言ったものだったが実現していた。
100階までクリアするといいことがあるので是非挑戦して欲しい

☆アバターパーツは約800個に及び、レアなパーツもある。
レアパーツを取った人がそれを装備してすれちがい通信をすると比較的ラクに入手できる。そういうことも起こるのが醍醐味だと思う

☆カスタマイズはこの作品のメインとして考えていたので、試行錯誤があったが、わかりづらい部分もあった。
今回は、ヘルプを徹底することでわかりやすくしている

☆今回のシークレット開示条件はトロフィーの獲得数。全30個中20個獲得するのが条件。
今回のシークレットは短い1イベントだけだが、そこで重要な会話をしている

☆Re:codedの次が3D(仮)。これの時間軸もRe:codedのあとになる。
BbSFMチームが今の作業を終え次第手掛ける。大阪では既に開発が始まっていて、FMの作業が終わったスタッフが順次合流していく。
「なるべく早くアナウンスしたいですね」

☆ファブラ・ノヴァ・クリスタリスのカンファレンスを2011年1月11日に予定している。名称はファブラとなっているが実際にはファブラ関連だけでなく、複数タイトルの発表会になる。
ヴェルサスチームは本編制作とカンファレンスでの情報解禁に向けて動いているため、E3や今回のTGSを含めたしばらくの間、あまり情報を出せなかった。ヴェルサスもアギトも、カンファレンスできちんとした画面を見せる。
このカンファレンス自体はメディア向けのものだが、一般の人にも参加してもらえるよう検討しているので、詳細なアナウンスはもう少し待って欲しい

☆D012FFは、このカンファレンスで発表されるキャラクターもいる。他にもいくつかサプライズを用意している。
「とにかく、オールサプライズの発表会になると思いますので、ご期待ください」

…で、まだこない

新商品
FF系ではちょっと入ってきたんですが…KH系が…9月下旬発売とされているものが…あれれれ。

今回の新たな売り切れは、
 ・FF9PA ジタン
 ・KHキーブレードキーホルダー キングダムチェーン
 ・KHキーブレードキーホルダー 約束のお守り
でした。
入荷は、
 ・MGSPWPA改 スネーク(スネーキングスーツVer.)
 ・FF13オードトワレ ライトニング
 ・FF7ACアロマキャンドル クラウド(新発売)
 ・FF7ACアロマキャンドル セフィロス(新発売)
 ・FF7ACデコシール クラウド(新発売)
 ・FF7ACデコシール セフィロス(新発売)
 ・FF13クリアポスターmini Vol.2
 ・FF13アートミュージアム改
でした。
失踪は、
 ・バガボンドSA 武蔵
でした。

さぁ行くぞ!夢の街

グーフィー!
\アッヒョ/

ドナルド!
\グワワッ!/

ミッキー!
\ハハッ/

ソラ!
\いっくぞ~!/


ということで、
でっかいオブジェ!
漸く行って来ましたよイクスピアリ!

平日ということで人があまりいなかったので、結局公式に書いてあったのは試遊台以外全部堪能してきました。
えぇ、トイストーリー3二回目ですけど見てきましたよ(笑)最初のCMでにやにやが止まらないとか私だけだと思うんだ。
そして会場内はPV流しまくりBGMもKH…ほんと滾るわああああああああ!!!

KHプリクラ
フレーム1フレーム2
フレーム3てっぺん
KHプリクラもほぼ待機ゼロに近かった(少しだけ人いましたが)ので、入っては出を繰り返して全制覇。因みに自分以外にも同じことしてる人がいました(笑←
そして、意図的に自分が入らないように撮ってたんですが、この辺りの整理をしていたキャストさん曰く、
「最初はなんでみんな座り込んでるんだろうって思ってました」
「4時間も見てたらなんとなく理由がわかりましたw」
ということで、同志はとてもとても多かったようです。
ストアのキャストさんは相変らず素敵な人が多いと思いました(・∀・)+

ちなみに、
だいたい売り切れてた。
二日目の時点で既にこんな感じだったらしいです……。もう一箇所コーナーがあったけどそっちもほとんど残ってない感じで。
自分はもう全部持ってたのでディズニーグッズ買いあさってましたw(←ファンタミリアのパズルも目当てだったらしいよ)

とまぁ、KH堪能しに来たのかディズニー堪能しに来たのかわからない感じになっちゃいましたが、本当すごく楽しめたと思います。初日参加できなかったのが悔やまれますけど…!!
またこんなイベントをやって欲しいなー、と思うのでした。

追記で更に撮りまくる。



GO TOP