1月下旬発売雑誌 358/2 Days記事より

新出分のみ書きます。
基本的に電撃DS&Wii準拠で足りない部分のみVJとファミ通から補完。
スクショ説明は、この色は初回投稿時に電撃DS&Wiiのみ掲載を確認、この色はVJから補完したものです(ファミ通には両方とも掲載されています)
また、この色はファミ通でのみ掲載されていたものです

+―+―+―+―+―+―+

『新たなる出会いが運命を加速させる…』

☆STORY EVENT『ゼクシオンとの出会いがもたらすもの』
デスティニーアイランド(※イベント内容的に忘却の城の可能性あり)。
ゼクシオンと出会うようだが、そこにはリクの姿も。言葉巧みに追い込むゼクシオンに対し、リクは頭を抱えて苦しんでいるようで?
また、黒コートを纏ったリクとシオンの会話イベントが追加で公開されている
 ゼクシオン
 「あなたは記憶の世界を いくつも通ってきた」
 (※おそらくリクに言っていると思われます)

 ゼクシオン
 「本当はこうなることがわかっていたはずですよ」
 ゼクシオン
 「自分の行動を忘れたのですか?」
 シオン
 「あたし ソラとカイリのことを覚えてるの」

☆オリンポスコロシアム
ハートレスを討伐してハートを集めるため、オリンポスコロシアムを訪れるロクサスとデミックス。
デミックスの性格から、バトルでの活躍が心配になるところだが…?
また、戦いぶりをフィルに見られ、ロクサスが弟子志願者と間違えられてしまう場面も。フィルのトレーニングとしていくつものミッションにチャレンジすることになるが、中にはテクニックだけでなく頭を使うようなミッションもある様子。
なお、デミックスのシタールも別グラフィックが2種類公開されている
 フィル
 「おまえさんがハークの言っておった
  弟子志願者だろ
  戦いぶりを見れば一目瞭然だ」
 フィル
 「お おかしいな…
  そういえば ロクサスがおらん!」
 フィル
 「いいか、まずは何事の基本にもなる
  精神統一だ! 集中力を鍛えろ!!」
 ロクサス
 「期待…それって命令ってことか?」

 デミックス
 「今日の任務はハート回収だっけか?
  はぁ…俺戦うの苦手なんだよな…」

 デミックス
 「冗談よせよ!
  そんなヤツ見つけても
  俺ひとりじゃ戦えないぜ」
 デミックス
 「任務も無事完了したってことで
  結果オーライだろ!?
  なっ?」

なお、ファミ通のみシグバールの紹介もある。
シグバールは、遠距離から『ガンアロー』を使って援護してくれる。情報に精通しており、本人も知らない、ロクサスについてのことを知るそぶりを見せる。
なお、マルチプレイのスクショで別の武器が2種類公開されている。撃った衝撃で後ろに吹っ飛ぶバックショットは、回避にも使えそう?
 シグバール
 「何があるかを調査するのさ
  もしかしたら機関に入れるヤツが
  いるかもしれないしな」
 シグバール
 「そりゃ 隠れてたに決まってるだろ
  俺たちXIII機関は
  隠密に行動するのが原則ってハナシ」


☆会話イベント(基本的に場所は存在しなかった世界)
 ゼムナス
 「シオンが本来の目的に近づくには
  まだ時間がかかるようだ」
 サイクス
 「アクセルは今忘却の城で
  例の件を進めさせている」
 ルクソード
 「任務に失敗して眠っているそうだ
  ゲームには負けることもある」

 アクセル
 「ようやく目が覚めたのか、シオン」

 シオン(忘却の城)
 「少しずつだけど…
  人間だったころの記憶が戻ってるの」
 サイクス
 「シオンに機関員の
  資格があるはずがない」
 サイクス
 「……おまえは変わってしまった
  忘却の城でいったいなにがあった?
  もう、過去を捨てる気なのか」
 ロクサス(トワイライトタウン)
 「サイクスはどうして
  シオンを嫌ってるんだろうな」

 ロクサス(トワイライトタウン)
 「俺たちが
  特別なノーバディな理由を」



☆パネルシステム
様々な種類のパネルを装備してキャラを強化していく成長システム。
魔法の使用回数や強化、武器の強化、アクションを追加するものなどがあり、多彩にカスタマイズすることができる。また、アイテムもパネルになっている。
パネルはミッションクリア時に報酬として手に入れたり、モーグリショップで売買したりできる。他にも入手法があるかも?
なお、装備パネルの画面にタブが3つついていることから、COMソラ編のデッキと同様に3つまで作っておけると思われる

・魔法の使用回数
パネル装備数=1回のミッションでの使用回数。
たとえば、パネルに『ファイア』を3つ装備すると、ファイアの魔法が3回使える…という感じ

・魔法の強化(※VJ非掲載)
『リンクパネル』と呼ばれる枠つきパネルがあり、決められた数のパネルを装備すると複数の魔法をリンクさせることができる。
たとえば、『ファイア(L)』の枠内(空きがふたつある)に『ファイア』をふたつ装備すると、『ファイアLV3』になるという感じ
※(L)は、実際には丸囲いのL(以下同じく)

・武器の強化
武器のリンクパネルに決められたパネルを装備すると、武器の特徴が変化する。
リンクパネル『キングダムチェーン』の枠内に、空中で動きやすくなる性能を持つパネル『ウィングギア』を装備すると、強力な空中コンボを繰り出せる武器『ウィンドメーカー』になるという感じ。グラフィックも変化している。
因みに、『キングダムチェーン』のリンクパネルには空きが3つあり、複数の効果を持たせることもできると思われる

・アクション
キャラの能力をプラスする場合もパネルを使用。たとえば、『ハイジャンプ(L)』の枠内(空きひとつ)にもう一個『ハイジャンプ』を装備すると、『ハイジャンプLV2』になり更に高くジャンプできるようになる。もちろん『ハイジャンプ』のみでも装備可能。
なお、スクショで『ドッジロール』『リフレクトガード』『グライド』『エアスライド』『エアリカバリー』も確認できる




おまけ:ファミ通フラゲ FF13も
(Thanks☆速報@保管庫2
関連記事
GO TOP