ファミ通07月03日発売号より野村氏インタビュー #01

=358/2Daysインタビュー=

☆358/2Daysの物語は、IIを作っていたころにはプロットレベルで浮かんでいた。ただ、詳細なストーリーではなく設定の部分だけ。
「14番目が現れたら、ユーザーの方は驚くかな?とは考えていました。すでに“XIII機関”としての刷り込みもできていましたし」
“XIV機関”でない理由は、358/2Daysの中でサイクスがキツい言葉で表現している通り。
「残酷なんですが、それが用意した答えなんですよ」

☆“358”はロクサスが機関に所属した日数だが、“/2”は2で割るという意味で、“2”はあるふたりの人物を示している。
「そのふたりが誰になるのかは、皆さんのご想像にお任せします」

☆シオンの姿は、見ている人物との関係性で変わる。関係性が変わると見え方も変わる。
ロクサスが見ている姿はプレイヤーが見ているものと同じだが、例えばシグバールやサイクスには違う姿に見えている。
最初は同じシーンでフードを被っていたり取っていたりで不自然に思った人もいるようだが、ゲームを進めればわかってもらえたと思う。
シオンは、ある人物と関係がある人には“シオン”として見えている。ゼムナスの場合、いろいろな人と繋がっているので、基本的には“シオン”に見えているが、時々“彼”に見えていた。
“彼”というのが誰なのかは、是非自分で確認して欲しい。
「シグバールにも見えていた“彼”です」

☆(ソラや“彼”、ゼムナス、シグバールの関係性はBbSで明かされる?という質問に)
「楽しみにしていてください」
BbSでは、機関の初期メンバーが、活躍するというほどではないが登場する。時間軸としては人間のころ。
「とくに、シグバールは注目です。とはいえ、彼の正体がわかるかと言われると……余計に謎が深まるかもしれませんが(笑)」
彼は他の機関メンバーとは違う立ち位置にあり、独自の思惑を持っている

☆シグバールがシオンのことを“ぷーちゃん”と呼ぶが、これは人形という意味のフランス語からきている。石田氏に『人形をもじった愛称をつけてほしい』と依頼して出てきたもの。
シグバールはシオンの正体を最初から示唆している

☆リクはシオンと出会った時、彼女を見て驚いていたが、これはCOMでシオンと似た境遇のキャラクターと深い関わりを持っており、彼女の顔を見た時点でその正体に気付いたため。
末路も知っていたので、「奴らから離れろ」という忠告もした

☆途中でシオンがキーブレードを使えなくなるのは、ロクサスとシオンがシーソーのように能力を引っ張り合った結果。ロクサスの調子が上がったためにシオンの能力が低下した。
「ロクサスはソラと、シオンはロクサスと影響し合っています」

☆(機関の初期メンバーはみずから心を捨てたのになぜ心を集める?という質問に)
「“完全な存在”になるためです」
KHIのアンセム(の名を騙ったゼアノート)にはある目的があり、それを実現するために、人間を超越した存在になろうとハートレス化した。
ゼムナスにもそのころの記憶があり、目的も覚えているが、ノーバディは“抜け殻”なので心を集めて完全な存在になろうとしている。
ほかのメンバーもそれぞれ思惑があるが、基本的には多くの心を集めて“キングダムハーツ”を完成させることを目的としており、その先を見据えているのはゼムナスだけ。
心を持たないノーバディが心を求めるのは当然で、ソラたちが彼等を倒す必要はないと思われるかもしれないが、XIII機関は自分たちの心を取り戻そうとするのではなく、不特定多数の心を捕らえて我が物にしようとしており、放っておくと心が元に戻れないという状況になってしまう

☆ゼムナスの目的は、BbS中にヒントがあるかもしれない。彼が捜している『目覚めの部屋』も関係してくる。
これまでに公開しているトレーラーの中で“ゼアノート”と名乗る人物も登場しており、いろいろと予想していると思うが、おそらく想像を超えた展開になると思う

☆アクセルが他の機関員より多く忘却の城へ行ったのは、ゼムナスの命令で『目覚めの部屋』を捜していたりするだけであり、単独でなにか企んでいたりするわけではない

☆忘却の城自体は以前からあり、目覚めの部屋も元からあった。
成り立ちについてはBbSで語られると思う

☆サイクスとアクセルが機関を乗っ取ろうとしていたのは事実だが、乗っ取って何をしようとしていたのかはまだわからない。
ゼムナスは、裏切りを知っていたとしてもあまり気にしていないと思う。ただひたすら、自分の目的のために行動している

☆サイクスとアクセルが人間だった頃から知り合いだったのは確か。BbSで多少触れられると思う

☆今回は、シークレットムービーは「『358/2 Days』のあとの映像を見せるにしても『II』になってしまうので」入れていない。
隠しキャラやシークレットレポートに力を入れている

☆シークレットレポートは、スタッフがよりミステリアスにするために名前記載を外した様子。誰が何回書いたかのヒントだけ出すので、誰がどれを書いたか想像してみてほしい
 ゼムナスは4回
 シグバールは5回
 ザルディンは1回
 ヴィクセンは1回
 レクセウスは1回
 ゼクシオンは2回
 サイクスは9回
 アクセルは19回
 デミックスは2回
 ルクソードは2回
 マールーシャは1回
 ラクシーヌは1回
 シオンは12回

☆ロクサスがキーブレードを二刀流するのは、元を正せばソラの力とも言える。
ただ、二本同時に出せるようになったのはシオンの影響

☆キーブレードは、明確なことは言えないが、特定の条件で渡すことができる。
記憶の摩天楼でロクサスがリクに渡したキーブレードはシオンと関係しているもの。
シオンの名前の由来でもあるが、紫苑の花言葉は“あなたを忘れない”“追憶”。そして、リクが受け取ったのは“過ぎ去りし思い出”。リクがこのキーブレードを手にした時、シオンの記憶がフラッシュバックするのは、そういう意味も含まれている

☆ロクサスの配下であるサムライが終盤に襲ってくるが、これは、主人であるロクサスが裏切ろうとしているため、関係を断ち切って襲ってきている。
開発当初、マルチプレイでないときは配下ノーバディを連れていけるようにしたかったが、ハード性能の制約で実現できなかった

☆“キングダムハーツ”自体は、あくまで心の集合体であり意思はない

☆ハートレスのピュアブラッドとエンブレムは、誕生過程の違い以外に大きな違いはない。ただ、ピュアブラッドからはハートが出現しない。
これはKHIの時からそうなっており、理由は今後明らかになるかもしれない

☆ヴィクセンの計画とロクサスの加入は、ヴィクセンの計画の方が先行していた。
ロクサスの加入は狙って起きたことではなく、ソラの行動に起因するイレギュラーな出来事。彼等にとっては幸運なことだった

☆358/2Daysと他二作の関連性は、現在のところcodedとのつながりはないが、BbSとは深くリンクしている。
BbSはすべての作品につながりがある

☆codedは、2章からひとつひとつの物語が長くなり、アイテム合成やクリア後のクエスト要素が加わる。
アバターキングダムとの連動も本格的になってくるので、やりこんでもらいたい

☆BbSの開発状況は順調で、自信作と言えるものになってきている。夏ごろには新情報が出せると思う。
TGSでは気合いの入った映像を見せる予定なので、楽しみにしていてほしい
関連記事
GO TOP