ファミ通/ファミ通PSP+PS309月30日~10月01日発売号より KHBbS情報まとめ

19:00/ファミ通PSP+PS3買ってきたので追加しました。
インタビューにほんのちょっとだけ追加があった感じです。


=KINGDOM HEARTS Birth by Sleep 特集=

☆『ワクワク感直撃のバトルシステム』
BbSの新システム公開。
今回は、二段階目のコマンドシステムと、今まで謎だったD-LINK=ディメンションリンクが明らかに。

☆『コマンドスタイルは二段階』
コマンドゲージがMAXになった時、条件を満たしているとコマンドスタイルが変化する。
そのあと再びコマンドゲージを溜め、MAX時に条件を満たしていると、上位のコマンドスタイルに変化する。
テラの場合、一段階目の『フェイタルモード』では高くジャンプして地面にキーブレードをたたき付けるフィニッシュ技が、二段階目の『ロックブレイカー』では周囲に浮き上がった岩が広範囲の敵を突き上げるフィニッシュ技が発動する。
ヴェンの場合、一段階目の『スピードレイヴ』では連続攻撃後に放射状に光を走らせるフィニッシュ技が、二段階目の『サイクロン』では回転しながら周囲を攻撃するフィニッシュ技が発動する
『固有のフィニッシュ技が炸裂』
『強力な2段階目のスタイルに変身!!』
『光が駆ける!』
『まさに竜巻のようなコマンドスタイル』


☆『ディメンションリンクで仲間の力を拝借!』
D-LINKゲージが満タンのときに“ディメンションリンク”を発動すると、ディズニーキャラクターなど心強い仲間が力を貸してくれる。
発動中はデッキコマンドがすべて専用の技に変わるほか、“シンボル”の数に応じて個性豊かなフィニッシュ技が出せるようになる。
力を借りられるキャラクターは、ストーリーが進むにつれて増えていく。
今回は626号(スティッチ)とシンデレラを紹介

□626号(スティッチ)[シンボル1個でショットガン、2個で宇宙船が表示]
シンボルが0~1個では『リフレビーム』が発動。画面に表示されるボタンをタイミングよく押すと、障害物で反射するビームが出る。
シンボルが2個の時は『オハナビート』が発動。右から左に流れるボタンをうまく押すことで、ウクレレから発生する音波が敵を攻撃する。ふたつ同時に流れる場合もある模様。
バトルコマンドはサンダー系が中心。『サンダーブリッツ』『スタンブレイド』『エスナ』が初出。
また、D-LINK時の効果が公開されており、シンボル1個で『アタックアップ』、シンボル2個で『CP2倍』の効果が追加される
『D-LINKでスティッチとつながる!』
『シンボルがふたつに』
『連続成功で威力UP!』

□シンデレラ[シンボル1個でティアラ、2個でガラスの靴が表示]
シンボルが0~1個では『ドリームスパークル』が発動。魔法の光で敵を宙に打ち上げる。
シンボルが2個では『ドリームワルツ』が発動。スピンしつつ魔法の渦を発生させる。
どちらもフィニッシュ技のタイミングで馬車が表示されている。タイミングよくボタンを押すことが重要になってくる。
バトルコマンドは固有技が多い様子?スクショだけでも『フェアリーキュア』『フェアリーステップ』『ウィッシュターン』『ウィッシュショット』が確認できる。『ウィッシュターン』は力を溜めたあと回転斬りを放つ技
『シンデレラと!!』
『リンク時専用のデッキコマンド』


☆安江氏コメント
「そろそろ開発も終盤に差しかかり、ゲームの全体像が見えてきました。そのとんでもないボリュームに、作っている開発者たちも驚いています。いろいろなアイデアが形になり、これまでにないような遊びの化学反応を起こしています。皆さんへのシステムやワールドの紹介はまだまだ始まったばかりです。これから、びっくりするようなシステムや遊びをどんどん紹介していくので、期待してください!」





=ファミ通PSP+PS3 野村氏/安江氏インタビュー=
※基本的にこれとかこれとほぼ一緒。後者は下に書くもののほか、↑の文が追加されていました。
ほとんど重要なことは入ってないはずですが見てない部分だけ抜き出しています。

-テラの服には赤、ヴェンには黄色、アクアには青と、『KHII』のフォームチェンジと似た色がついていますが、これは同じ系統といった関連性があるのでしょうか?
野村 いえ、それはありません。大地と風と水、それぞれの名前の属性に合った色を選んだ結果、イメージカラーが赤、黄色、青になりました。名前の属性は攻撃には関わらず、大地の名を持つテラがパワータイプといったように、それぞれの性能をイメージしているものです。

-テラたちは、ほかのワールドにはどうやって行くのでしょうか?
野村 グミシップではありませんが、特別な移動手段があります。いわゆるXIII機関が使う、闇の回廊のようなものですね。

-時間軸的にはシリーズ1作目より以前の物語になりますが、当時のワールドが再び本作で登場することはありますか?
野村 はい、あります。同じワールドでも、登場する場所や時代が変わりますので、きっと新鮮に感じてもらえると思います。

-新たに登場するディズニーワールドの原作は観ておいたほうがいいことはありますか?
野村 観ていないと楽しめないというものではありません。ですが、スティッチのワールドに登場する“試作品221号”、スパーキーと名付けられるキャラクターなどは、DVDなどで見られる続編でしか登場しないキャラクターなので、そういった原作を知っておくと、より楽しめるでしょうね。

-『KH バース バイ スリープ』の物語の中で、新たに増える謎と、これまでの伏線が明かされるものでは、どちらが多いですか?
野村 どうでしょう。さすがに数えたことがないので数はわかりませんが、伏線や謎は多く明かされます。ただし、その分、謎が深まるものもありますので、結果的には増えているのかもしれませんね。さきほどお話したとおり、いままでの作品よりもヒントは多めに語っていますので、勘がいい人にはわかるかもしれません。
(水野注釈:さきほど=『(ロクサスにそっくりなヴェンの正体やテラの行く末については、)想像できるようにヒントをいっぱい入れてあるので、わかる人もいると思う。今回も、謎は多いがかなり細かく説明を入れている』[08月27日号より])

-なるほど。もちろん、『KH』シリーズが初めての人も『KH バース バイ スリープ』から遊び始めても問題なく楽しめますよね?
野村 はい。『KH 358/2 Days』と同じく、ソラではない新たな主人公たちの作品となるので、入りやすいと思います。本作を遊んでいただいた方は、『KH バース バイ スリープ』を1作目として、そのあとで初代『KH』という順に遊んでほしいですね。

-では、気になる本作の発売日は?
野村 『FFXIII』の発売日との兼ね合いで調整中だったのですが、『FFXIII』の発売日決定を受けて2010年1月に決定しました。何日になるかはまだ調整中です。


-マルチプレイとシングルプレイでは、データが引き継げるのでしょうか?
安江 マルチとシングルは完全にリンクしていて、手に入れたアイテムやコマンド、キャラクターの成長度合いはすべて持ち越されます。
関連記事
GO TOP