BbS-te01:守れ、己が信念

いよいよテラ編突入!なんですが、結局コマンド育成に走ってます。
コマンドチャージも大分慣れては来たんですが、サポートアビリティはさっぱりな状態なのでなかなか狙ったとおりのものが出なくて四苦八苦中。
そして魔法ばっかりできるのはアクアの悪戯だと思ってます(何言うか


ワールドはエンチャンテッド・ドミニオンクリアまで。
…進んでないですね!(笑顔










☆マスター承認試験を受け、アクアだけが合格しテラが落ちてしまうところまではアクア編と同様。
その後、表で一人悩んでいたテラ。彼は、闇を消すのではなく力で制すればいいと考えている様子。
そんな彼に、ゼアノートが声をかけます。今のままではいつマスターになれるかも分からない、と。
「マスター・ゼアノート!俺は何を学べばいいのですか!?」
必死に問いかけるテラに、ゼアノートは「そのままでいい」と返します。
その時、鐘が鳴り響きました。急いで戻ったテラを尻目に、ゼアノートはにやりと笑うと回廊へと姿を消していきました。
そして彼は、エラクゥスからアンヴァースの討伐とゼアノートの捜索の任を受け、働き具合によってはマスター承認を再考するとの話を聞きます。
そして、旅立ち。何かを言おうとしたヴェンの頭を撫で、彼は星の海へと飛び立ちました。

☆エンチャンテッド・ドミニオン。
早速アンヴァースに出迎えられたテラ。これを殲滅したものの、一体が城の方へ逃げていってしまいました。
それを追いかけて倒したところで人影を発見。その人物…マレフィセントは、何故眠っていないのかという疑問を口にします。
テラはゼアノートについて何か知っているかと尋ねますが、一度「何も知らない」と言った後、「そういえば城から出てくる男を見た」と続けました。
曰く、城の光―――オーロラ姫を閉じ込めたようだと。
手がかりを得るため、テラは城の中へ入って行きます。
城の奥で闇に閉ざされた不自然な扉を見つけ、テラが扉を開放すると、その奥の部屋ではオーロラ姫が眠っていました。
その姿が一瞬、かつて眠り続けていたヴェンと被り、驚くテラ。その時、マレフィセントが再び現れます。
純粋な7つの光の心。集めればすべての世界が手に入るというそれを、マレフィセントは求めていました。そして、その為に彼女はテラに協力を依頼します。
心を奪え、というその依頼をテラは拒絶しますが、マレフィセントはテラの心の闇を刺激し、彼を操ります。無意識のうちにオーロラの心を奪い取ってしまった彼は、正気に戻ると憤然としていました。
その時、大きな揺れが。アンヴァースが下の階で暴れている様子。マレフィセントも去り、テラはアンヴァースを倒しに向かいます。
暴れているアンヴァースは、試遊でも登場したホイールマスター。攻略法は大体試遊と同じ感じで、走り回ってたらひたすら回避、糸に捕まったら○連打で脱出、等、基本を押さえていればそれほど苦戦はしないと思います。…自分は無駄にシュートロックとか使ってましたが←
撃破後、城を出たテラ。今の自分では、彼女の心を取り戻すことはできない…と。
いつか、とその胸に誓い、彼はその場を離れていきます。



☆メモ
ストライクレイド+ブリザドかファイアでなんかできるはず
関連記事
GO TOP