13th-12:願うだけじゃだめなんだ、動かなきゃ何も始まりはしないんだから。

漸く11章終わりましたよ!(爽
…が、コクーンの現状を聞いているにも拘らず草原に戻っていってしまいました。どうしましょう、この人たち?


\いけいけヘカトン!/





☆テージンタワー、下層と上層で合計6つのミッションをこなし、巨像さんたちが奪われてしまった力をどんどん返していきます。
その途中、何度かファルシ=ダハーカに襲われかけますが、力を取り戻した巨像たちのおかげで難を逃れ、最上層へ。
そこには、何度も尻尾を切られて「尻切れトンボ」(ファング談)になってしまったダハーカの姿が。激昂した様子のダハーカは、ライトニングたちに襲いかかってきます。
ダハーカは、属性を変えつつ攻撃してきます。あと、これ自分は食らわなかったんですが、状態変化攻撃を連発するモードもあるらしいです。
あらかた状態変化を発生させて、ブレイクさせて倒れこんだ隙にATK+BLA+BLAでフルボッコ。いつものことなんですが、起き上がる頃には向こうさんは虫の息で、そのままとどめを刺してやったらあっさり倒れていきました。
…強すぎたかなー?(笑
そしてその先に見えたヲルバ郷。ヴァニラやファング曰く「緑や花でいっぱい」というそこでしたが…見えた世界は、真っ白でした。

☆クリスタルに包まれかけてしまっていた故郷。もう、救いの手立てはない?兎にも角にも、ライトニングたちはヲルバ郷を調べまわることになります。
途中、ヴァニラのペット(!?)、パクティが故障していたのを直してあげて大量のアイテムを貰ったり(踏破済みだったのでトロフィーも貰いました)、腕みたいなシ骸にうがーーーっと叫んだりしつつ、学校だったと思しき場所を越えてライトニングたちは更に先へ。
そこへ突然現れたのはセラでした。セラは、「オーファンを倒すことでコクーンは救われる」と言いながらスノウに抱きつきますが、スノウも簡単には騙されませんでした。
「セラは、ずっと前を見てるんだよ」(このあたり曖昧;;)
やがて正体を現したダイスリーは、ライトニングたちに「レインズを蘇らせ、自分の代わりに聖府代表に据えた」と言います。そして、その状態で「黒幕はオーファンだ」と話し、真実を知らない騎兵隊たちは今駆り立てられている状態だと。ライトニングたちが居ない間に、コクーンは内紛にも近い状態に陥っていました。
そして、ダイスリー(バルトアンデルス)はライトニングたちに襲い掛かります。
今回のバルトアンデルスは、状態変化を多用してきます。ダル状態になると結構長続きするので回復手段はお忘れなく!自分は忘れましたが!!;;
また、ブレイクした場合、終了後に全状態変化を解除する技を使ってきます。ので、強化したり弱体化させた場合は再度発生させるのをお忘れなく。
そんな調子でなんとか★5で倒しました。リベンジ完了!←
相変らず元気そうにしている(爆)ダイスリーは、「招待状をくれてやる」と、ライトニングたちに飛空艇を提供しそのまま去っていきました。
その傍らにあった、ヴァニラやファングも知らなかった(彼女たちがクリスタル化したあとにできた?)冥碑。それを調べた彼らは、できるできないを考えるのではなく、「やる」ことが大事なのだと考えます。
願うだけでは何もできない、実際に実行することが大事なのだと。
そして、あからさまな罠に見える飛空艇に乗り込み、コクーンに戻ることを決意します。

………が、その前に。
クリスタリウムLVが上がったために初期3ロールの成長が止まってから溜め続けたCPを注ぎ込み、全員が専用技を含むロールを全部通し(サッズどころの騒ぎじゃなかった!)。
ということで、ヴァニラが『デス』を覚えたので、戻ってまいりましたアルカキルティ大平原。
…えぇ、亀さんを狩り始めたんですよ、馬鹿とか言っちゃダメですよw
因みに、タイマイは4回挑んで1回失敗しただけです、今のところ。ケリスは4回挑んで1回倒されたんだったかな?
そんなわけで、グッドチョイスとベストチョイスでおいしい気分になっているので(でもドラペゾヘドロンはまだ取れてない)、しばらくここで暴れまわることになりそうです。いっそのこと初期以外の3ロールも育ててやるぞ!的な勢いで…(←
というわけで、またしばらく止まりそうな気配。です。
関連記事
GO TOP