現実はそんなに甘くない。

>因みにレースは元々苦手なのでたぶんやらない気がします…D-LINKピート獲得に絡みでもしない限りはw

アイスの紹介から数時間後。大急ぎでレース会場に駆け込む一人のおにゃのこがいました。
…えぇ、あんなこと言ったせいなのかなんなのかピート来ませんでしたよ当たり前でしょう・゜・(ノД`)・゜・。
(因みにフルーツスキャッターは未確認。こっちだったら地味に凹むかもしれない…w)

ということでレースの気付いた点メモ。

まず、最初からカントリーコース(北米版表記:Country Chase)の他、ディズニーサーキット(北米版表記:Disney Drive)が出現しています。
この二つをクリアでグランドサーキット(北米版表記:Grand Spree)が出現。
グランドサーキットを1位でクリアすると、追加コース:キャッスルサーキット(北米版表記:Castle Circuit。日本語表記は仮称)が出現します。
因みに日本語版ではグランドサーキットクリアで獲得できた『ウィニングメダリオン』もキャッスルサーキットクリアまでお預けです。

最初3つに関しては、むしろ日本語版より楽になったような感じが?
ライバルがあまり妨害してこないのと、あまりに差をつけているせいなのかなんなのかリタイヤ率がかなり高い(これはキャッスルサーキットも同様。3位までは確実に決まるけどそれ以下はリタイヤしてたりとか)ので、なんとなく感じただけですが。
ということで、日本語版での苦労が嘘のようにらくらくクリアしてキャッスルサーキットも出現しました。

…が。いつまでも甘くないのがKHです。
キャッスルサーキットは3段構成で、最初は城から始まって庭を走り、途中から地下に落下してからくり部屋やら未来のグミシップ格納庫(←)を走って戻るコースなんですが、自由度がものすごく高い。
まず最初の庭に出た時点でちょっとした分かれ道。片方にショートカットがありますがとりあえず逃してもその後頑張れば挽回できます。
地下ではからくりに押されながら2つあるコース(片方のコースはショートカットになるけれどかなり狭く、片方のコースは少し遠回りだけどショートカットを使うよりは安全)の片方を進みます。
狭いとか安全とか何のことかって?…何故か穴が開いてるんですよ。
ここに落ちてしまうと、もんのすごーーーーーーーーーーく長い通路を進まされるハメに。もちろんダッシュリングもかなり置いてあるんですが、ここに落ちた時点でほぼ一位獲得は絶望的、と思ったほうがいいです。

まぁ、こんな調子なので当然竜巻なんてキチクなものは置いてないんですが、自分は落ちまくるから狭い通路を使えないというのにディズニーキャラたちは遠慮なくショートカットしてくださるわけでしてね。
…えぇ、ギリギリで抜かれますよ、5周目で抜かれるともう追いつけないですよ!!・゜・(ノД`)・゜・。
とまぁこんな調子なのでクリアせずに逃げてきました…さらばピート。

そんなわけで今はオリンポスをクリアし、ディープスペースが間もなくボスというところ。
次はネバーランドのコマンドボードの解説になると思います。
関連記事
GO TOP