TGS2010レポ T3B・FNCFF13&other...

=The 3rd Birthday 試遊=

最初あまり乗り気じゃなかったんですがいつの間にか二回試遊してました←
それほど情報覚えてたわけでもなかったので、操作に慣れる意味合いもあってどちらもEasyに。

基本的に攻撃はRボタン+□(Rボタン+○で手榴弾)、武器変更はLボタンと○×△□、やばくなったら△でオーバーダイブということを覚えておけばそれほど困らないかと。
敵の攻撃で困ったことがあったらとりあえず×連d…なんでもないです
リバレーションも使えたんですが結局一度も使いませんでした。

基本的に、無線の指示通りに行動をしていけば先に進める感じです。
右上にマップがあって、それが黄色くなったら近くにツイステッドがいるので警戒する感じで(通常は青です)。

ということで、とりあえずそれを覚えながらやっていった一回目。
…えぇ、ぼろぼろでした。アヤの服装なんか気にしてる暇もないくらい一生懸命でしたよ!(たぶんものすごく露出してたと思う…)
武器も何度か弾切れしてしまい、よくもまあ倒されずに進めたものだなーと思いました。

二回目は落ち着いて。
とりあえずRずっと押しとけばいいことはわかったのでひたすら押してバカスカ撃つ感じでした。(ちょ
武器も色々試してみました。回数制限あるけど連撃いいよね…!!
あと、立ち止まってるとLIFEが回復するということも知ったのでそれも駆使しながら落ち着いて進めてました。
…しかし何故か一回目より進めませんでした…(´・ω・`)?

雰囲気的には、最初ちょっと怖かったんですが慣れればそれほどでもないかなーと。
それでも赤いのはやっぱり怖いですが><(そんなこと言ってたらたぶんVersusもできないよ
確実に買うとは思うので、時間があったらしっかり触ってみようと思います。

あと、映像の方なんですが……ブランク博士の声、もしかしなくても入野さん?
ソラセンサーが全力で反応したんですが……。
それと2010年12月22日ってちょうどKHII発売五周年ですよね。運命を感じる。



=FABULA NOVA CRYSTALLIS FINAL FANTASY XIII 映像=

内容記録は諦めました。うん←

Agitoは、前回のバトルシーンを更に焼き直した印象。あとチョコボもいました。かっわいいいいいいいいい!!
カード少年のバトルとかもすごく興味深かったんですが、一番惹かれたのがメイス少女の通常攻撃だなんて口が裂けても言えません。
敵の脳天にメイスぶち当ててそのまま転倒しそうになってるんですよ…かわいい!!
最初公開されたときは笛少女一択だったんですが、思わず揺れ動いてしまいました。しかし笛少女はいつになったら出るんだろうか…。

Versusは、ワールドマップ移動とかバトルとか。
ワールドマップに思わずうおおっとなるのと同時に、確実に迷子になるという不安に駆られましたw
あとものすごく高いところから飛び降りてるものもあって…王子、そんなところから落ちたら怪我します!!←
最後はベヒーモスとバトル。…先生、あんなスタイリッシュなバトル私には無理です…(ちょ

2011年01月11日にファブラ全体のカンファレンスが行われるそうなので、何が起こるか期待しておこうと思います。



=サガ3時空の覇者 Shadow or Light 試遊=

時間が余ってて、入れたので一回だけやってきました。
最初からやることもできたんですが、時間かかるよーといわれたのでバトル中心の方を選択。

元のほうをやったことがないんですが、なかなか面白い感じだなー、と。バトル中でも技覚えるからどんどん強くなっていく印象がありました。
そして強い技連発しまくって最後の最後で武器一個使い物にならなくなるキャラが出たというね!コマンドはちゃんと吟味して使いましょう。
あと肉とかパーツとか落とすのでどんどん食べさせてたら…獣人3人サイボーグ1人という人間1人という面白いメンバーに。
弱いキャラに食べさせてあげてね!(※超意訳)って言うからHP低い子に食べさせてたのにさー(´・ω・`)

こちらも発売は今冬。…買おうとは思ってるんですが確実にお金がががが



=全体感想=

今回はMH3Pとかポケモン発売とか色々あったのでちょっとは人減るかなーと思ったんですが…全然そんな事なかったですむしろ惨かったです←
一日目は物販まわって試遊行って整理券が取れたのに、二日目は試遊行って出たら整理券が終わっているという有様(´・ω・`) は、早い…
ただ、今回は整理券列のほか、キャンセル待ちの列も作っていたのが好印象でした。自分もそれで二日目一回だけになるはずだったRe:codedもう一回できましたし。

あと、なんか今回スタッフさんがフレンドリーな方が多かったような気がしないでも…←
気のせいじゃないと、思いたい、ん、です、け、どね。

今回も本当に色々な方にお世話になりました。本当にありがとうございました…!
ある方々とは一緒にいろんな話ができたりある方からは整理券頂いたりと、感謝してもし尽くせない想いです。とりあえず深々と土下座するしか!←


というわけで追記でおみや写真です。


※画像はクリックで拡大します
※携帯デジカメごっちゃ混ぜです

KHエリアKHエリアイラスト
D012FFエリアD012FFエリアイラスト
T3BエリアD012FFフューチャー賞おめでとう!
別名野村エリア。実際には左からD012FF→T3B→KHRe:codedです。
添え付けのテレビにムービーやプレイ画像が流れてたんですが、この部分は本来は撮影禁止なので画像では加工しています。(一部放置してるのもありますが)

でっかいソラ!
バグも作りこんであります
あんない
イクスピアリから出張してきたソラ。本当カッコよくて思わず何枚も撮ってしまいました!

スクエニミュージック
ところ変わってこちらミュージックから。
いろんな作曲家さんがサインしていってくださったそうです。
写真は一部。全部は撮れませんでしたorz
※因みにグッズショップも行ってますが写真を撮り忘れるというおばかっぷり。

おみやげ1(パンフ以外)
おみやげ2(ミュージック系撮り漏らし)
おみやげ3(パンフ系)
戦利品はこんな感じで。ピンバッジ見えてないね。
パンフ表紙のライトさんたちがカッコよすぎて禿げそうです。

今回のひそかな一押し
グッズショップで今回限定で販売していたもの。
コック・マッドドッグに負けましたよ、えぇ。

D012FF ライトニングD012FF カイン
開かれるKHの扉
スクエニパンフより。因みにKHは↑の他にRe:codedのシステムを紹介しているページが見開きであります。

ソニーパンフよりスクエニラッシュそして漏れたD012FF
ソニーブースで配布していたパンフレットにもスクエニ作品がいっぱいでした。撮ってるのはPSP軍だけですが。

いちばんちいさなきんぐだむはあつコミックの紹介でKHシリーズが使われるのは仕様ですか
その他、細かいチラシ類から見つけ出したKHたち。
関連記事
GO TOP