12/22発売雑誌より KHBbSFM情報+野村氏インタビュー(一部)まとめ

=KINGDOM HEARTS Birth by Sleep FINAL MIX特集=
※ファミ通準拠の一部電撃参考。
野村氏のコメントはファミ通に載ってたものをそのまま転載です。

☆『玉座に座る心なき者、復活!?』
友達と協力して遊べる“アリーナモード”。その追加ミッション“闇への遠謀”には、強敵“ノーハート”が立ちはだかる。
ノーハートはKHIIの最後のボスとして登場したが、今回はIIよりパワーアップしている様子。
IIでノーハートになった人物は本作時点ではいないはずだが、彼が本作に登場する理由も語られる?
ノーハートとプレイヤーの間には強固なシールドが張られている。これを破壊しないと直接ダメージを与えられないが、シールドからは無数のキーブレードが出現する上にぶつかると捕まってしまう(○連打で脱出できる)。
ノーハート自身も、キーブレードだけでなく、巨大な体躯を活かした体術を使ってくる。一撃が非常に強烈だが、勝ち目はあるのか…?
『手には禍々しいキーブレードが!』
『シールドが阻む攻撃のチャンス』
『最強の敵に勝てるか?』

☆『新コマンドスタイル“リズムミキサー”登場!』
コマンドスタイルにも新たなものが登場。音をテーマにした“リズムミキサー”は、攻撃するたびにドラムやスクラッチ音が鳴る賑やかなスタイル。
フィニッシュは、画面上に現れるボタンをタイミング良く押していくもの。タイミングを合わせると、ドラム音とともに連続攻撃が発生していく。最後は、地面への突進ど発生した爆発と爆発音で大ダメージを与える
『音で敵を攻撃!』
『音の連鎖がダメージを生む!』

☆『トロフィーでボーナス!』
BbSで一定条件で入手できたトロフィー。これを取ったセーブデータがある状態で本作を始めると、入手トロフィーに応じたアイテムが手に入る。
タイムトロフィーなら『ストプガ』『スロウ』、マニートロフィーなら『1000マニー』という具合で、序盤から有利になる
『ちょっと有利に』

☆『高難易度を追加』
今回追加された『クリティカルモード』は、前作の『プラウドモード』を超える難易度。プラウドモードでは物足りないと思っていた人におすすめ。
敵が強いぶん、序盤からデッキコマンドを多くセットできる、シークレットムービーを見やすいという特典がある。
『上級者だけが挑めるレベル』

☆野村氏コメント
「『II』で彼と戦ったときはなぜ鎧なのか謎でしたが、本作で鎧と中身のつながりもわかったと思います。前回は特殊なバトルだったので、今回はしっかり戦わせたいと思い、このバトルを実現しました。
ノーハートは、収録されているボスの中で最強クラスの強さです。ひとりで挑むのはきびしいので、ぜひ友だちと協力してください。
前作のデータが役立つ要素もありますので、『バース バイ スリープ』を遊びながら、発売をお待ちいただければと思います」


=電撃PlayStation 野村氏インタビューまとめ=
※カンファレンス絡みのみ。

☆カンファレンスの開催日が1月11日から18日になったのは、雑誌掲載のタイミングが理由。
1月のカンファレンスは映像メインで、マスコミ向けではなくファンをメインとしたプレミアムイベントになっている。
約150人ほどを収容できるヴァージンシネマズ六本木ヒルズにて、二回に分けて行う。司会を招き、映像の合間に解説をしてもらう流れにしようと考えている。
各タイトルの開発者も登壇予定

☆出展タイトルは、ファブラ ノヴァ クリスタリス関連のタイトルの他、KHBbSFMやKH3D(仮)、D012FF。
ヴェルサスはいよいよノクトがしゃべる。まだクオリティアップ前の触りだが、これまで見せてきたイメージ映像とは違い、実際の本編映像を多数用意した。情報量としても驚きとしても十分だと思う。
「そのへんを含めてサプライズの多いイベントになると思いますので、もうしばらくお待ちください」


=電撃PlayStation 欄外メモ書きより=

「12月22日発売の『The 3rd Birthday』、1月20日発売予定の『キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナルミックス』、そして3月3日発売予定の『ディシディア デュオデシム FF』に、トレーディングカード「ファイナルファンタジー・トレーディングカードゲーム(FF-TCG)」のプロモーションカードが初回生産限定で一枚ずつ付属。「FF-TCG」はホビージャパンから2月25日に発売予定」
関連記事
GO TOP