ほら、旅が始まるよ。

☆BbSFM公式サイトが更新。今回の解説はNO HEARTとリズムミキサー。(NO HEARTは『新たな強敵』項に追加されています
NO HEARTは本当驚異的ですね…一人は怖いよw
アドホックパーティーも使えると思うので、自分の場合はそれで攻略していく感じになりそうです。


☆D012FF公式にはJFトレーラーが追加されました。漸くですね…。
ラグナは本当かわいかっこいいので早く使いたいです…!
そしてラストの足に悶えるがいい!!(←)彼女もどう戦うのか気になるところです。


『Distant Worlds music from FINAL FANTASY Returning home』DVDの本サイトがオープン / ファミ通.com
コンサートツアー“Distant Worlds”の感動がDVDでよみがえる! / 電撃オンライン

あと一ヶ月足らずで発売です。コンサート見に行ったけど遠くからだったので楽しみ!


☆ということで、お約束のBbS小説感想。
追記に書きます。相変らず持ち上げ気味w

今回は旅立ちの地~レイディアントガーデン中盤までで、パスされたワールドは無し。
小説版で話が省略されなかったのは今回が初めてな気がします。
キャッスル・オブ・ドリーム序盤は爆笑でした。巨人が住んでるんじゃなくて君が小さくなってるんだよw

で、どうやって書くのかなーと思ったらワールドごとにまとめる形式でした。
なので、キャラによっては書かれる順番と行く順番が違うってことになるんですけど、そのあたりはしっかりフォローしてあります。というかこれのおかげで全部書くことになったのかな?
本編ではトリニティレポート見ないと時間軸がわかりにくい部分があったんですが、これで大分わかりやすくなった気がします。あの話とあの話がほぼ同時だったんだぁ、とか。

そしてこれ大事なことです。
アクアが可愛い。アクアがとにかく可愛い。アクアがすっごく可愛い。大事なことなので以下略。
旅立ちの地でにやけまくり、ドワーフウッドランドとエンチャンテッドドミニオンで惚れ惚れし、キャッスル・オブ・ドリームで可愛いと叫びそうになり(落下場面の威力が高すぎる!←)、レイディアントガーデンで切なくなり…と、本当にずっと彼女を追っかけていた気がします。
いつものように内面もしっかりと描かれていたので、そのおかげでより感情移入しやすかったんじゃないかなーと思います。テラもヴェンもですが。
承認試験を控えるアクアの心境には思わずほろりほろりとしてですねぇ!!(いい加減落ち着け
ヴァニタスがヴェンのストーカーっぽかったけど私はアクアのストーカーになる自信が(だ・ま・れ

ただちょっと残念だったのが、挿絵…今回全くないんですね…(´・ω・`)
シロさんのテラたちをかなり期待してたんですが、色々重なっててお忙しかった様子。かわりにカラーページでCGを使ったキャラ説明が入ってます。
コミカライズもしばらくはなさそうなので、漸く見れるかなーと思ってたのですが…(´・ω・`)

そんなわけで、次が楽しみなところ!
というかお預け食らった感じなので既にそわそわしてます!(←)待ちきれないよー!!
関連記事
GO TOP