光田さあああああああああああああああああん!!

pop'n music 20 fantasia 公式サイトにて、光田さんの曲紹介登場。
昨年末発売されたアルカディアに掲載されていたインタビューでも触れられていたんですが、なんと三年越しでの参加だそうです。
3年前って言うとPARTYとかMOVIEの頃だよなぁ、たぶん…。つまりイトケン下村さんと同じ時期に公開される可能性も十分にあったってわけなのですね…。
もちろんこの曲自体はファンタジー色すっごい強いのでfantasiaがぴったりだと思うわけなのですが。

そして何気に選曲回数が一位です。コネクトに抜かれたかと思ったけどH譜面の練習をしているうちにぶっちぎっていたというか。
漸くレベル26の曲がまともにできるようになってきたので(↑のH譜面は25)しばらく触る回数が減りそうな予感がしますが、時々戻ってきて叩きたいなぁ、という感じです。20のデフォの中で一番好き。

因みに、KONAMIの着うたフル配信サイトで着うたフルが配信開始されてます。
サントラはしばらく出そうにないので、気になる方は探してみるといいかも。…ちょっと高めですけど。


☆シアトリズムの体験版第二弾が配信開始。
ということで早速触ってきました。概要は大体これと同じ感じ(FMSの説明が入ったのと、全部クリティカルだった場合にFULL CRITICAL!の表示が出るようになったくらい)。

ということでまずは待望のラグナ様のバトルことThe Man with the Machine Gunから。←
…が、久々だった上に電車内だったのでゆれて見落とすわずれるわでミスが出るわ出るわ…。
結局今のところオールチェインはできず(爆)、片っ端から埋めていく感じに。
ていうか熟練の段階から結構むちゃくちゃな配置が出てくるようになって思わず「ふざけんな!」と叫んでしまいましたよ…wwwあれでBAD以下が合計4個だったとか本当に奇跡としか思えない…。

The Man with the Machine Gunのノート数は、基本→103、熟練→175、究極→234。
とりあえず一回ずつ触ってみた結果は、基本→A、熟練→A、究極→F(NOT CLEAR)でした。

サンレスは、なんか妙にぐっだぐだな割に、妙に点が高いという怪現象。
熟練まで一発でSが出たので、調子に乗って究極に挑戦してみたら…転ぶ。そして転ぶ。
チョコボ召喚あたりでぐっだぐだになり、結局二回あと数個ってところで落とされて、三回目で漸くクリアしました。
ていうか疲れてたせいかもしれないけどフィーチャーゾーンの矢印が全然見えない…という。

サンレス水郷のノート数は、基本→136、熟練→172、究極→252。
最終的な結果は、基本→S、熟練→S、究極→Bでした。二箇所でS出してますが前述の通りオールチェインではないです。
因みにThe Man~よりノート数が多めになってますが(熟練以外)、ホールドトリガーで何回か中継があるのでそれがカウントされているためかと思われます。

…ということで、発売まで頑張ってやりこもうかと思います。
究極は無理だけ、ど、それ以外は何とかオールチェインを、出したい、な!
関連記事
GO TOP