気になるメモ書き! 2012.02.23

相も変らぬ雑書きです。


■不思議な塔

ソラとリクがイェン・シッドからマスター承認試験について説明を受けている場面が多数公開。
『悲しみの中で眠る者』が鍵になっている。
また、マスター・ゼアノートについて語っている場面もあるようだが…?


承認試験の話がメインっぽいですが、その中でゼアノートの話をしたのか、それとも別の場面なのか。
とりあえず二人の身に何事もないことを祈るばかりなのですが…そんなわけはない、です、よねぇ…。


■レイディアントガーデン

リア、ディラン、エレウス、エヴェン、イェンツォの五人が復活確定。
彼らはレイディアントガーデンの研究室を拠点としているが、何を目的としているかは不明。
会話の中には、トラヴァースタウンについて話しているものもあるが…?
また、レイディアントガーデンの住人であった人物のうち、ブライグやアイザの所在ははっきりしていない。公開されているスクショでも、リアが気にしているらしい場面があるが?


元機関な人たちはレイディアントガーデンで。
リアの行動を見てると味方なのかなーとも思うのですが、彼の行動がほかの人たちの意志に沿ったものなのかというとそうとは言い切れないという…(※COM参照)。
エレウス辺りは分かってくれそうな気がしますが…どうなんだろう…。

…まあ、過去の記憶がある時点でエヴェンやイエンツォにはあまり信用されてなさそうな予感がしますが…。
(※COM参照)


■謎の青年

素性、目的、ともに謎に包まれた青年。外見やゼムナスや闇の探究者アンセムを思わせるが…?
ソラとリクの行く先々に現れるようだが…?
ちなみに、公開されているスクショの中には、誰かからソラのことを聞いたらしい口ぶりをしているものや、心の闇についてよく知っているらしい台詞、そして「はじめに選ばれたのはおまえだ」と誰かに向けて言っている場面があるが…?


立ちCGがリアと隣り合っていて、リアの関係者?と思わないでもない彼。リア自身が捜してる誰かさんとなんか雰囲気似てますしねぇ。
誰かから情報を収集しているようにも感じられますが、もしかして、いろんなやつらと心をつないで…とか、まさかね…。

「はじめに選ばれた」と言われると思い浮かぶのはキーブレードに先に「選ばれた」リクですが…これを誰に言ってるかがはっきりしないせいでやっぱり不安に以下略。


■ザ・グリッド

「トロン:レガシー」を原作にしているワールド。「トロン」を原作にした「スペース・パラノイド」がIIで登場しているが、そことは全く雰囲気が異なっている。トロンの姿もない様子。
フライトデッキからどこかへ向かうリク・サム・クオラ・ケヴィンや、ライトサイクルに乗るリク、ソラに語りかけるゼムナス、ケヴィンからデータ世界の話を聞くソラなど、多くのスクショが公開されている。
また、フルフェイスの人物リンズラーとソラのバトル画面も公開。リンズラーは二つのディスクを巧みに操るほか、重力が変化し天地が逆さまになることも。天地が逆転すると操作も逆になるため、苦戦を強いられることになりそうだが…?
一方、リクはカマキリのような姿の巨大なボスとのバトル画面が公開されている。素早く動き回るうえに、ドロップゲージを減らす厄介な攻撃もある様子?


トロン:レガシーワールド一気に公開!白熱しながら映画見てたのでいろんな場面でいろいろ思い出してニヤニヤd…げふん。
原作で出てた乗り物なのである意味当然の展開ではあるのですが今回もライトサイクルありそうですねぇ。スクショで乗ってるのはリクですがソラも乗るのかな?

ゼムナスの話では、ソラに向かって「選ばれし者」。謎の青年もソラに向けて揺さぶりをかけてきていますし、なんというか…ソラを陥れようとしているような不穏な空気?というやつが。
ケヴィンやリクの話もなんか不穏な雰囲気感じさせますし…こ、怖いよ…。

リンズラーとのバトルも公開。やっぱりソラが…なんですね…。
まっさかさまになるのも原作にあった場面なんですが、操作まで逆になると…。ややこしくなりそうだなぁ、これ。


■リアリティシフト

今回は、ザ・グリッドのリアリティシフト「コードブレイク」と、シンフォニー・オブ・ソーサリーのリアリティシフト「ファンタズミック」が公開。
コードブレイクは、下画面に表示されている文字の中から色の違う文字を見つけてタッチすることで、上画面にいる敵や固定砲台をハッキングすることができる。
コードの組み合わせはいくつかあり、敵を寝返らせたり、爆発させたり、プライズを放出させることも可能。ただしハズレもある。
スクショでは、赤くなっている文字『MOVING』『SPARK』をタッチすることでコード『ムービングスパーク(MOVING_SPARK)』が発動。はずれは白い文字『SWITCH』。
敵を操作し、任意のタイミングで爆発させることができる。
ファンタズミックは、音符マーカーをタイミングよくタッチし、進む方向へスライドしていくというもの。これに応じて音が鳴り、成功するほど最終的に打ちあがる花火の数が変わる。


ハッキングと言われるとまずサムが…(以下原作話になるため略)
コード次第で色んなことができそうです。しっちゃかめっちゃかにしてどっかーん!とかね。うん、こういうの大好きです。

ファンタズミックは下画面使用のリズムゲームみたいな感じでしょうかね?
シアトリズム思い浮かべますけどあれとは違うのかな…。


■ナイトメアいろいろ

今回はガンミフクロウとデンデンンカルゴが紹介。
ガンミフクロウは、『ライブラ』でこちらのステータスを分析して、羽に属性を付与し弱点を突いてくる。
デンデンカルゴは、堅い殻に守られており、殻に入って高速回転攻撃を仕掛けることも。何度か攻撃を行うと、殻が外れて無防備になるようだが?


こっちみんな2体。
ガンミフクロウの能力は、味方につければかなり頼りになりそうですが、敵に回すとイライラの対象になりそうですね…。てか羽に属性つけて攻撃ってなんだよそれ萌えるじゃんか…。(ぇ
デンデンカルゴはやっぱり蝸牛というかなんというか。殻を壊せばこっちのもの!と思うのですが、VJ見た感じだと…そう楽には、いかなさそう?


■ドロップ

プレイ中、上画面右下のドロップゲージがどんどん減少していく。これが空になると操作キャラが強制的に交代する(任意で交代することも可能)。
交代時は、敵を倒して入手した『ドロッププライズ』が『ドロップポイント』に換算され、交代後のキャラの能力を一時的に上昇させたり、コマンドやアイテムなどを手に入れることができる。
スクショでは、交換候補として「アタックブースト」「マジックブースト」「ガードブースト」といったステータスを向上させるものや、「ブリードアップ」といったサポート的なもの、アイテムの「ハイポーション」が選択できる。
なお、交換した際に余ったDPは最終的にマニーに変換されるため保存はできない。
また、下画面には、今いるワールドの未来がわかる『イベントフォーキャスト』が表示される。アイテムが出やすい、レアな敵が出るなど、交代ごとに変化していく。


ドロップ詳細漸く公開。
ステータスに直接関係しない部分に影響が出るボーナスがあるとは思いもしませんでした…。
DPはRe:codedのDPみたいな感じ。1DP=1マニーですが、もったいないので極力使い切りたいですなぁ…。

あと試遊の時にちょろっと下画面弄ってたんですが、あれって影響しなかったんですね!(※情報が見れるのみ)
英語見た時点で気付けばよかったよ!!


■ブリード

仲間のドリームイーター(スピリット)は、レシピを入手、必要な素材を集めることで作れるようになる。
素材を多く注ぎ込むほどレベルが高い仲間が誕生する。また、コマンドなど強化用のアイテムがあり、追加するとステータスにボーナスが付与される。
ちなみに、ドリームイーターには一体あたり4種類の性格があり、成長の過程で変化する。バトル時の行動などに影響するらしいが…?
また、スクショにはブリードするスピリットを選ぶ画面で、レシピの下に音符のようなマークがついたアイコンがあるが…?


強化ってなんだろ?とは思いましたが…コマンドを混ぜるとは思いもしなかったですよ…。
スピリットの性格は「一体あたり」四種類なので、総合的に見るとものすごいいろんなタイプの子が出そうです。これは賑やかになりそうだ…w

で、名前が付けられる様子。ブリードした時につけられるのかな?
かわいこちゃんな名前なり嫁の名前(!?)なり…この辺りにも個性が出そうですねぇ。おもにプレイヤー側の。
…いや、通信で表示されるのかわかってないですけどね。


■アビリティリンク

ソラとリクのコマンドやアビリティは、仲間の能力を目覚めさせることで獲得する。(コマンドは宝箱やショップなどでも入手可能)
仲間と触れ合ったり、バトルをこなすことで相性が良くなっていき、彼ら自身も強化されていく。
習得できるアビリティは仲間によって異なっているが、アビリティ画面から確認することが可能。
ちなみに上画面にはプレイヤーのステータスが表示されているが、右上に通信に関わるらしいFLICK LVという表示がある。
なお、今回もコマンドはスロット制になっており、ゲーム進行でスロット数が増えていく。


この辺りのシステムもRe:codedに近いのかな…?アビリティのつけ方はBbSのそれと似てますが。
仲間と触れ合うと、って言ってたのはコレのことだったんでしょうかね。
仲良くなるほど強くなれるってホントKHらしいw

FLICK LVは下に通信対戦の成績が書いてあるので通信がらみだと思うんですが…なんだろ?アリーナレベルみたいなものなのかな?


■ブリード可能な仲間

今回は4種類が紹介。
イダテンキリンは素早く移動を行うことができるスピリット。リクとのリンクスタイルで、雷の力を宿し高速攻撃が行えるようになる『サンダーストーム』発動。
オバケピエロはプライズ大好きでおちゃめなスピリット。ソラとのリンクアクションで、敵を吸引し放出する『ゴーストバキューム』発動。
ハサミクワガタは遠距離攻撃を得意とするスピリット。ソラとのリンクアクションで、敵を狙い撃ちにしたり足止めするトラップを射出する『トラップショット』発動。
コウモリバットは敵を混乱させたり、ドレイン攻撃を仕掛けるトリッキーなスピリット。リクとのリンクスタイルで、闇色の拳と脚を発生させ、格闘スタイルで戦える『ダークフィアース』発動。


今回はカッコいい系四種類…いや、一人だけ違うかw
イダテンキリンはなんか頼れそうな雰囲気。てか載せt(ry
サンダーストームは試遊で見れたあれかな?と思うのですが、本当に動きが早くて戦ってて楽しかtt(自重)のでかなりおすすめです。
オバケピエロは公式サイトでナイトメアが公開されてましたが、味方につけても相変わらずいたずらっ子なようで。も、持ち逃げ…されないよね?むしろ増えるよね?←
ハサミクワガタのリンクアクションはPVにあったあれですね。ぶち撃ち抜けたらそれはそれは楽しそうですがあまり自信がないんだよ!orz
そして割と大きいんですね…ソラが抱えて持つサイズ…。
コウモリバットは今までグラフィックのみ公開されていて、JFでひっそりリンクスタイルが変わったことが判明したわけですが、改めて見てみると…かっこいいですよこれ。リク格闘家目指してもいいんじゃ(略
もともと持っている能力が能力だけに、状態変化付与とかも可能、かも、です。しっちゃかめっちゃかにしてやりt(以下強制終了


間もなく一か月切りますが、そろそろ情報が小出しになるんでしょうかね?来週はなさそうですが…。
本当に楽しみすぎてたまらないです。そわそわしてしまうよ!
関連記事
GO TOP